ホーム | 家紋の暖簾 | 日よけのれん | 無地染め暖簾 | 藍染暖簾 | 楽屋のれん | 業務用のれん | 麻のれん | デザインが大切なのれん | 模様 |
  印象のれん | 昇華転写の暖簾 | 京都のれん株式会社 | 節電のれんを設置 | 自由度が高いのれん | のれんの製作イメージ | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

店舗や空間を個性的にするツール

のれんの用途

現在、のれんといえば、蕎麦屋や和菓子屋の店先に掲げられているものといったイメージを持つかもしれませんが、銭湯にある物に代表されるような間仕切りとしての役割も古くからあり、現代的な住宅においてインテリアの一部に取り入れられていることもあります。

実際、両手がふさがっていても開け閉めの必要が無いので、間仕切りとしての実用性は高いですし、空間を仕切っていても圧迫感が少なくお洒落に見えるといった特徴もあります。

また、店先に掲げられるものは店舗の看板であり、古くは家紋を染め抜いて使用していたとても重要な道具でした。

こうした歴史から、商売を象徴する道具ともいえるのがのれんですが、手軽に買える既製品も多いので
オーダーメイドを依頼することは少ないかもしれません。

同時に和風なイメージから伝統的な模様や技法でしか製作できないように感じている方がいるかもしれませんが、
京都のれん株式会社では紙に印刷するのと同様のインクジェットによるプリントにも対応しており
必要があれば防炎加工された製品も依頼可能です。

のれんのイメージのヒントに

レトロモダンで個性的な店舗装飾を検討されているのなら、京都のれん株式会社に相談してみてはいかがでしょうか。

製作イメージは別注事例から掴む

のれんには頭上から吊り下げてくぐるタイプと、日よけとして店先に設置するタイプがあり、設置場所や用途に応じて選ぶことが可能です。とはいえ、実際の使用例を見て見なければイメージが難しく、デザイン性についても和風にしなければならないのかと悩んで決まらない事があるかもしれません。

そうした場合には、ぜひ京都のれん株式会社のホームページから別注事例をチェックしてください。実際にオーダーメイドで製作された製品がどのように使用されているのかといった実例や、素材による仕上がりの違いなどがよく分かります。

のれんは素材によって風合いが異なってくるため、イメージを掴むためには実物を見ることが大切です。伝統的な天然素材を希望している場合も、実際の使用例や製作工程を知ることが製作イメージを具体的な物にするために役立ちます。

のれん製作のアイデア

デザイナーにデザインを製作してもらう場合も、実際の仕上がりがイメージできていればより良い図柄や色合いを検討することができるでしょう。
また、デザイン自体を発注者側が準備できないという場合は京都のれん株式会社にデザイン制作も合わせて依頼できるので、使用場面などを相談してみてはいかがでしょうか。

 

トップ  おしゃれなデザイン  のれんの用途 オーダーのれん  染め方二種類  京都でオーダーする  京都ののれん  アサ暖簾  デザインが大切なのれん  オーダーで制作  撥水のれんは汚れ のれんの色入れ技法  防炎のれん  暖簾で暖房  のれんの特徴と活用例  のれんの製作イメージ  sitemap

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.