ホーム | 家紋の暖簾 | 日よけのれん | 無地染め暖簾 | 藍染暖簾 | 楽屋のれん | 業務用のれん | 麻のれん | デザインが大切なのれん | 模様 |
  印象のれん | 昇華転写の暖簾 | 京都のれん株式会社 | 節電のれんを設置 | 自由度が高いのれん | のれんの製作イメージ | ロングのれん |
  サステナ暖簾 | 若手俳優の応援に | ハワイアン風のれん | ヨーロッパテイスト | 花嫁のれん展 | のれんの色の知識 | 綿麻スラブクロスの特徴 | お店の象徴となるのれん | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

いつもの空間がリゾート地に早変わり

のれんの用途

ハワイは日本人が最も憧れるリゾート地の一つです。
旅行をしたときに、日本に帰りたくないと思った経験がある人は多いでしょう。
そう感じさせる大きな理由として、ハワイならではの空気感が挙げられます。
日頃の重荷をすべて投げ捨てたかのように感じるほど、
リゾート気分で心が満たされることも少なくありません。

そのおしゃれな空気感を日本で再現する方法があります。
それはハワイアン風の暖簾をインテリアとして採用することです。
そうするだけで、その一帯だけがまるでリゾート地のような雰囲気になります。旅行気分を再現

軽やかな生地で仕立てられていることもポイントで、重力から解放されているような外観が
ハワイの空気を連れてきてくれます。

勘違いしている人も多く、暖簾というと日本特有のものだと思われがちですが、
決してそのようなことではありません。ハワイでも現地の人たちが愛用しており、
日本人よりも上手に使いこなしているケースもよくあります。

旅行にいく機会があれば、現地におけるアレンジの仕方などをチェックしておくと良いでしょう。
それだけポテンシャルの高いアイテムなので、使い方次第で住まいをリゾート地のような素敵な空間に変えられます。

暖簾はセンスを感じさせるインテリア

暖簾という言葉から、デザイン性の高さをイメージする人は多くありません。
その原因となっているのは、古典的な使われ方が長く主流になっていたことです。

居酒屋などにかけてある素朴な暖簾しか知らない人もいます。
もうそのような時代ではなく、現代ではインテリアの一部として見事に活用されていることも多いです。南国をイメージした暖簾

さまざまな最新アイテムと肩を並べて、堂々とセンスの良い部屋を飾っています。
決してインテリアのおまけではなく、おしゃれ度を大きく引き上げる重要な役割を担っているのです。

ニーズの高まりを受けて、さらにデザイン性も著しく向上してきました。
高級マンションの入口にあっても、まったく違和感がないぐらいです。

もちろん、日本の家屋にもマッチしますし、古民家をリノベーションしたカフェなどでも積極的に利用されています。
暖簾はとても長い歴史を持っていますが、若者に人気の雑貨店などでも扱われるなど、明らか進化しているのが実情です。
したがって、おしゃれなインテリアを探しているなら、暖簾を有力な選択肢として候補に入れると良いでしょう。

さまざまな特徴を持つものが存在するので、部屋にマッチするものがきっと見つかります。

 

トップ  おしゃれなデザイン  のれんの用途 オーダーのれん  染め方二種類  京都でオーダーする  京都ののれん  アサ暖簾  デザインが大切なのれん  オーダーで制作  撥水のれんは汚れ のれんの色入れ技法  防炎のれん  暖簾で暖房  のれんの特徴と活用例  のれんの製作イメージ  のれんの長さと目的  SDGsにも貢献  インパクトがある暖簾の特徴  インテリアにしたくなる暖簾  アンティーク雑貨として  地域の風習  伝統的な決まり  細かい染色が魅力の素材  結界の役割を持つのれん  sitemap

Copyright©  自分にご褒美!京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.