のれん | 家紋 | 日よけ | 無地 | 藍染 | 楽屋のれん | 業務用 | 麻のれん | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

目立つ業務用のれん

何のために暖簾を作るのか

京都のお店に行くと、大半が入り口部分にのれんがあり
それをくぐる事で店内に入る仕組みになっています。

京都ののれんは、お店の名前が記載してある
お店のイメージ作りなどで利用が行われているもので、
他の地域などでも同じような目的で使っているお店も多くありますし、
店内の目隠しなどの役割もあります。

ちなみに、店内にも設置が行われているお店がありますが、
この場合の目的は厨房と客席を区切る、お客さんに厨房内部を見せないなど
目隠しの目的で使用されているケースが多いのが特徴です。

アピールする

京都の場合には、素材に麻や綿、ちりめんやポリエステルなどの
素材を使っているものが多く、中には手書きの作品もあります。

こうした京都のれんは業務用として利用出来るものが
多くあるのも特徴で、オーダーについては直接販売店に行かなくても
通販で購入が出来ます。

目立つものが欲しい時などは、素材色を鮮やかなものにする、
素材が地味な色合いでも、布地に描かれているデザインを選ぶ事で
道を歩く人々からの注目を集めやすくし、集客効果を高める事が出来ます。

お店で販売が行われている製品は、印刷を施したタイプと
手書きのオリジナル品のいずれかになりますが、自らデザインを決めて
オーダーする事も出来ますし、素材や色を豊富に揃えているお店などの場合
世界で1つだけの作品になるなどの魅力もあります。

見えるように

お店の入り口に、業務用の目立つ作品を展示しておけば
お店の注目も集まり、多くのお客さんが訪れるお店に変わります。

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.