のれん | 家紋 | 日よけ | 無地 | 藍染 | 楽屋のれん | 業務用 | 麻のれん | デザイン | 模様 | 印象 | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

のれんの用途

もともとは直射日光や風を防ぐため、冬では厚手の布をかけ
夏では竹や葦を編んだ涼感のある素材を使ったり、
また外からの目隠しのために家庭でも使用されてきました。

のれん

やがて商店であれば屋号を入れたものを下げるようになり、
しまえば閉店の合図としたり、入浴施設であれば男湯・女湯の
区別が一目でわかるような工夫がされたりと、用途に応じて
さまざまな発展をしてきました。

現在では歌舞伎役者や舞台俳優などの楽屋の前にかける
「楽屋のれん」もあり、オーダーメイドで俳優に贈ることも
珍しくないと言われています。

京都ならでは

こういったオーダーメイドは特に「京都のれん会」のある京都に多く、
職人のこだわりと丁寧な作業でオリジナルの作品を作ることができます。

昔と違って住宅の設備が充実した現在では、日光や風を
手っ取り早く防ぐ手段は他にもあるものの、敢えて雰囲気を楽しみたいひとや
自宅にインテリアとして飾る人も多く、生地の種類も複数揃えています。

さらにお店などの開店祝いには定番です。
和食のお店や居酒屋などの店先に多いイメージですが、洋食屋であれば
外国の国旗をデザインに取り入れたり、明るくポップな色使いにしたりと
和のイメージだけでなく、オーダーメイドならではの一品を作ることができます。

また、大切な記念日や喜寿や米寿といった長寿のお祝いにも最適です。
インクジェットプリンターを使用した昇華転写捺染を取り入れた業者もあり、
写真をそのままのれんにできるので喜ばれます。

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.